AStar総合研究所関連情報


  1. 2018.07.20 日本は2期ぶりにトップ10返り咲き、国連の電子政府ランキング
     国連の経済社会局(UNDESA)は2018年7月19日、国連に加盟する193カ国を対象とした電子政府の調査結果として「世界電子政府ランキング」を発表した。ランキングは2年ごとの更新で、日本は前回2016年の11位から1つだけ順位を上げ、前々回2014年の6位以来2期ぶりにトップ10入りを果たした。
  2. 2018.07.20 メルカリがサービス相次ぎ終了、即時買い取り「メルカリNOW」やスキル売買「teacha」など
     フリマアプリ最大手のメルカリは2018年7月20日、一部のサービスを近く終了すると発表した。対象は不用品などの即時買い取りサービス「メルカリNOW」や個人間でスキルを売買する「teacha」など3サービス。
  3. 2018.07.20 「年1万5000時間の作業がゼロに」、ソフトバンクが自社のRPA活用事例を講演
     ソフトバンクは2018年7月20日、都内で法人向けイベント「SoftBank World 2018」の2日目を開催した。初日の基調講演にはソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が登壇したのに対し、2日目の基調講演はソフトバンクの宮内謙社長兼CEO(最高経営責任者)が務めた。
  4. 2018.07.20 未公表の研究情報120点と約3800人の個人情報が漏洩、産総研が不正アクセスの調査結果
     産業総合研究所は2018年7月20日、2018年2月に明らかになった電子メールなどへの不正アクセス事件の調査結果を公表した。研究者ら職員143人の電子メールのアカウントに不正侵入があったほか、未公表の研究情報120点や学会参加者名簿などの個人情報も持ち出された。
  5. 2018.07.20 後出しジャンケンの成否、ソフトバンクがシェア事業猛進
     ソフトバンクがシェアリングビジネスの事業展開を相次いで表明している。駐車場のシェアリングサービス「BLUU Smart Parking」は8月20日頃から東京近郊で試験サービスを始め、10月下旬には本サービスへ移行する。タクシー配車サービス「滴滴出行(Didi Chuxing)」は2018年秋に大阪でサービスを始め、福岡や東京などへ順次拡大する。
  6. 2018.07.20 2020年までにPC修理の95%を即日完了へ、レノボ日本法人の新社長
     レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータ(NECPC)は2018年7月20日に記者会見を開き、5月16日付で両社の社長に就任したデビット・ベネット氏が今後の経営方針を明らかにした。「NECPCが持つノウハウを世界展開していき、サービスを向上させていきたい」と強調した。
  7. 2018.07.20 1500カ所の充電拠点を整備、2輪車メーカーが電池「交換式」に本格参入
    車載電池を「交換式」にした電動2輪車(EVバイク)の競争が激しくなってきた。震源地は台湾だ。新興企業の台湾ゴゴロ(Gogoro)が先行する同市場。2018年8月には、2輪車大手の台湾キムコ(Kwang Yamg Motor Co、以下、KYMCO)が本格的に参入する。台湾のガソリン2輪車市場で19年間にわたって首位を走るKYMCOは、持ち前の開発力や販売網を生かし、1500カ所の充電拠点を整備する。利便性を高めた仕組みで先行するGogoroを追う。
  8. 2018.07.20 インテント主導型ネットに他社製品取り込むAPIとSDK、シスコ
     米Cisco Sytemsの日本法人であるシスコシステムズは2018年7月18日、ユーザーの意図に基づいて運用を自動化する「Cisco Intent-Based Network」のコントローラー「Cisco DNA Center」に他社製品を管理対象に追加するためのSDKを提供するとともに、Cisco DNA Centerが管理する情報を更新したり、他社製品がCisco DNA Centerからネットワークの分析情報などを取得したりするためのAPIを公開する。
  9. 2018.07.20 LINEモバイルがiPhone SEを販売開始、ソフトバンク回線限定
     LINEモバイルは2018年7月19日、米アップルの「iPhone SE」の取り扱いを始めた。iPhone SEと組み合わせて契約できるのはソフトバンク回線を活用したプランのみ。一括払いの価格は32Gバイトモデルが3万800円、128Gバイトモデルが4万800円(税別)。
  10. 2018.07.20 写真アプリのSNOWが企業独自のARスタンプ配信、第一弾はスタバ向け
     AR技術を使ったカメラアプリ「SNOW」を手掛けるSNOW Japanは2018年7月20日、企業が独自にデザインしたスタンプを配信できるサービスを始めた。利用者がSNOW独自の二次元コードをアプリで読み取るとARスタンプを入手できる。第一弾としてスターバックス コーヒー ジャパンと協業し、スタバの新商品をモチーフにしたスタンプを期間限定で配信する。
  11. 2018.07.20 モバイルでの優位性を武器に攻勢、ファーウェイのPC戦略
     モバイル業界では端末や基地局で高いシェアを持つ中国ファーウェイだが、PCやタブレット製品についても世界展開を強化している。なぜファーウェイはモバイルからPC市場へ攻勢をかけているのか、その戦略を解説する。
  12. 2018.07.20 新領域のストリーミングデータ分析基盤は顧客先で評価中、Dell EMC
     米Dell EMCの非構造化データストレージビジネスの責任者であるManuvir Das氏(Sr. Vice President & General Manager Unstructured Data Storage)が、顧客訪問のために来日した。Dell EMCにおける非構造化データストレージの状況、開発中のストリーミングデータ分析基盤「Project Nautilus」などについて聞いた。
  13. 2018.07.20 Apple CarPlayと安定して連携、パイオニアのカーナビに米サイプレスの無線IC
     米Cypress Semiconductor(サイプレス)社の発表によると、パイオニアが海外向けカーナビにCypressの無線通信ICを採用した。それによって、カーナビとスマートフォンとの連携が安定したとする。
  14. 2018.07.20 マイクロソフト、小型で安い「Surface Go」発売
     日本マイクロソフトは2018年7月11日、10型Windowsタブレット「Surface Go」を発表した。8月28日に発売する。小型軽量と価格の安さが特徴で、低価格タブレットやモバイルPC、教育機関向けPCなどとして売り込みたい考えだ。
  15. 2018.07.20 金融部門持つソニーは継続的な半導体ビジネスができる希有な日本企業
     ソニーが打ち出した半導体、特にCMOSイメージセンサーへの巨額投資計画について、その意義やリスク、競合他社さらには過去の同社の投資戦略の違いなどを議論している今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、慶應義塾大学の田口眞男氏である。半導体メーカーの経営者だった経験を持つ同氏は、そもそもなぜ日本の半導体メーカーは果敢な投資ができないのか、そしてソニーはなぜ巨額投資に踏み切ることができるのか、その背景にあるものを論じている。
  16. 2018.07.20 スポーツ界に新潮流、“大手IT企業発”の解析専門会社が始動
     国内の大手IT企業の社内プロジェクトから、スポーツ分野向け映像検索・分析技術をコアにする新会社が誕生した。2018年6月12日に事業を開始した「RUN.EDGE」である。
  17. 2018.07.20 動画配信で「グノシー」の価値向上へ、番組連動広告は従来にない訴求力あり
     情報キュレーションサービスを展開するGunosyが動画配信サービスに注力している。2018年2月に同社初となるライブ動画として、ユーザー参加型のクイズ番組である「グノシーQ」の配信を開始した。
  18. 2018.07.20 面倒なソフトウエアテストはAIに任せる、自動化の現実味
     ソフトウエアテストの面倒な作業を人工知能(AI)に任せる。そんな取り組みが始まっている。スタートアップ企業のTRIDENTはプログラミングなしで自動テストのテストスクリプトを作成するサービスのベータ版を公開。デジタルハーツはグラフィックスの動きを確認するテストを自動化する仕組みを開発中だ。
  19. 2018.07.20 奥深いExcelの並び替え、Tabキーを使いこなそう
     Excelの「並べ替え」は地味ながら、手作業だと膨大な時間がかかる仕事を一発でこなしてくれる。普段何気なく使う並べ替えながら、実はなかなか奥が深い。
  20. 2018.07.20 勘定系にAWS採用、ソニー銀行が見込む効果
     国内の金融機関でいち早くAmazon Web Services(AWS)を導入したソニー銀行。これまで勘定系システムはAWS採用の対象外としていたが、2017年後半に勘定系システムの一部でAWSの採用を決定した。2019年秋以降に本番稼働する計画で、単独で銀行の勘定系システムをクラウドで動かす国内初の事例となりそうだ。

  21. Copyright(c) 2012,AStar総合研究所 All Right Reserved.